岩岳学生大会・4日目

男子は技術系、女子は高速系になり後半戦が始まった。

男子SL

陽の光で硫安が効かず、バーンは荒れに荒れた。

400人強の選手が滑れば、最初と最後では別の試合みたい・・

左が1本目、右が2本目(ビフォーアフターみたいね・・笑)

b0085469_17492812.jpg



1本目は、まさにサバイバルゲームばりに生き残り合戦でした。

そんな中まず素晴らしいのが、うちのチームの出場選手19名全て完走しましたー!!

これって凄くないですか?


技術的に見ると、上位に来る選手に共通して言えるのは、下半身を柔らかく使えているということ。

特に遅いゼッケン順から上に来る選手は、体が浮かない様にストックでバランスを取り、スキーをバンクにあてて来てる。

トップから18秒差で、山下が30位でシード確保。

これだから、岩岳って大会は面白いですわ。

諦めずに頑張れば、良い事あるからね。。

明日は花形種目GSです!


女子DHトレーニングラン

SLが行われていたかもしかコースと違い、コースは綺麗な状態を最後まで保った。

男子DHでは、多くの選手の鬼門となった中斜面の入りは易しく立てられてた。

インスペクションで、ラインの話しをしつこいぐらい話をしたものの、出場選手の理解度が低くまったくをもって決め事を守れなかった。

頼むよ・・

明日は本番です。。
by takenyo | 2010-03-17 18:19 | スキーの話 | Comments(0)

日常に感じた事、スキーに関するブログ


by takenyo