ラインコントロール

本日も朝から天気は優れず・・

湿った雪が降り、気温は低く、寒かった・・

午前は、大斜面でGSトレーニングを。

ザラメ雪と新雪が混じって硫安が効かない状況下の中では、滑る雪と滑らない雪がはっきりとしているので、ラインを外すと失速してしまう。

ラインコントロールは非常に大事です。

ケースバイケースでラインをトレースしていくコースマネージメントは、この時期に重要性が増すが、まだまだその辺の戦術眼が甘い選手が多い・・

試合が近づいているので、最初から合わせて行かなければね。。

午後は急斜面にバーン設定を変え、異なるインターバルや振り幅のセットを2セットトレーニングした。

急斜面では外足を甘くするとラインが落ちてしまう。

当たり前のことだが、苦労していました・・

明日は、スピード系のフリーをSLをやる予定です!!


ついに・・

トレーニングの重要アイテム、ブロワータイミングシステムが壊れてしまいました・・

機械物は当たり外れがあると良く聞くが、俺のブロワーは完全に当たり物で、購入してから調子が悪くなったことがあまり無かったのに(足利の方にはそうは思われていないが・・笑)、先週の雨の日に使用したのが原因か、スタートの電源が入らなくなってしまった・・

残りのシーズンの為にも、早めに修理しようっと。。
by takenyo | 2010-03-10 18:20 | スキーの話 | Comments(0)

日常に感じた事、スキーに関するブログ


by takenyo