最終日

午前は緩斜面から。

人数が多いが、コースが全く荒れない為にコース整備いらず。

素晴らしい環境だが負荷が相当かかるので、正直コース整備でも間に挟んで休ませたいとも思ってみるが、選手は滑りたいという・・

だから、結局コース整備も無しでフルに時間を使ってトレーニングを行った。


午後は昨日同様にグランプリへ移動。

もう辺り一面テロリストだらけで、ドリルもしっかり雪面にテンションをかけながら回さないと入っていかないから参る・・

さすがに、午前の疲労も蓄積して4本で終了。

相反するコースでのトレーニングに、滑りの引き出しを持っていない選手は苦しめられ、自分の力の無さに幻滅する・・

滅入るだけで前に進めれば良いが、投げやりになっては駄目だといつも言っている。

1日や2日で、すぐに滑れればトレーニングなんかいらない。

大事なのは、理解してチャレンジすること。

継続は力なりとは、よく言ったものですね。。

皆頑張れ!!
by takenyo | 2010-02-19 16:46 | スキーの話 | Comments(0)

日常に感じた事、スキーに関するブログ


by takenyo