アイスバーン!

毎年・・

この時期の北竜湖はグットコンディション!

身障者の方々のスキー教室の為に、本日のポールバーンは急斜面に集約されました。

昨年よりも積雪量が多いから、全体的に斜度が緩くなっている気もするが、やはりこの北竜湖スキー場の名物でもあるこの急斜面。

アイスバーンだと、やはり難易度は上がるよね。

ラインが落とされる選手は、皆ターン前半で上体や腰が引ける為にスキーの方向付けが出来ないから準備が出来ずにいる。

急斜面はいかに落下をコントロール出来るかどうかが大事。

黙っててもスピードが上がるのだから、ターンをコントロールすることを第一にね。。

とにかく滑り込んで、今シーズンもレベルアップして行って欲しいものです。


話は変わり・・

ワールドカップも、オリンピック前最終のクラニス・カゴラです。

今日もJ-SPORTSでLIVEでGSを見たんだけど、トップ選手は皆個性ありますね。

タブー視されていることも、選手によっては特徴的に出している選手もいたり、全ての選手の滑りが理想というわけじゃ無いけど、やはり上位に来る選手は皆勢いがある。

アルペン競技は速さを競うスポーツであって、形は人それぞれって言った感じかなー

映像から学び取れる世界の技術・・

勉強ですね!
by takenyo | 2010-01-30 22:55 | スキーの話 | Comments(0)

日常に感じた事、スキーに関するブログ


by takenyo