掘れ掘れ

正月よりも混むといわれている3連休が始まった!

野沢も朝から、わんさか県外ナンバーの車がやってきて道路は大渋滞でした・・

俺は、それを横目に見ながら木島平スキー場に向かいましたー

昨シーズンに、北竜湖に雪が無くなって以来だから久々です!
昨年同様に、ICIプロの先輩であるのぶさんにこの連休はご一緒させていただきます!!

来ているチームは、昨年同様に俺のメインバンクの三菱東京UFJスキー部さんと、ニュージーの盗難の際にお世話になった損保ジャパンスキー部さんです。

ポールバーンはいつものこちらです。

b0085469_18451588.jpg



綺麗に圧雪されていたのでテンションが上がったけど、予想通りに柔柔です・・

トレーニングが始まると1本滑るごとに醜く掘れて行くし、ラインで綺麗に掘れればまだ良いものの、一つ二つ三つって、いわゆる段々掘れの状態でしたね。

その状態(段々掘れ)になる理由は?

当然レベル差があるとエッジングのタイミングが違うので仕方が無いが、技術的にはやはりターゲットに真っ直ぐに入っていきなりマキシマムの形を取ろうとする。

マキシマムが10だったらそれに向けて1,2,3,4・・・・と流れでターンマキシマムを迎えなきゃいけないし、逆に今度はターンをやめていくのも9,8,7,6・・・と0(ニュートラル)まで戻す必要性があると思う。

*思っていることを文章で書くのが難しいので、伝わりにくい場合はすいません・・

ようは、動きを急激にするとどこかで必ず歪みが生まれる。

だから、運動をし続けることが重要ってことですね。

難しい状態だからこそ、プラスに考えて非常に良いトレーニングになると考えて欲しいものです。

綺麗なコースを滑れる選手は、試合の中でも一握りな訳ですから。。

集中力を切らさずに最後までやり遂げて本日は終了ー

明日も頑張ります!!
by takenyo | 2010-01-09 19:03 | スキーの話 | Comments(0)

日常に感じた事、スキーに関するブログ


by takenyo