評論家気取り・・

ワールドカップネタで、今日も引っ張っちゃう・・(笑)

昨日の携帯での投稿でも少し触れたが、昨日の試合を見ていて思ったこと。

何だか結局、上位に来る選手は昨シーズンと、もっと言えば4年前のトリノオリンピックからそう顔ぶれは変わっていない。

優勝したヘルプストも、2位のコステリッチも二人とも30歳オーバー。

いわゆるベテラン勢が強い。

二人共に無謀に攻めていない。
狙ったラインに確実にスキーを通し、変に暴れたり、乱れたりしないところも共通している。

その事から考えられることは、やはり経験からくるコースマネージメント力。

言葉で言うと簡単だけど、それがどんなものか多分感覚の世界のことなので、なかなか説明がつかないことも事実ある。

が、スポーツの世界は結果が全てなのでそうなのであろう。


ニュージェネレーションの代表格であるヒルシャーは、やっぱりその二人に比べると爆発的な速さは随所に見られるものの、結局はいつも無謀かなって思っちゃう。

昨日も上の緩斜面では多分一番速かった。

けど、そのままの勢いで最後の急斜面に仕掛けられた罠にまんまとはまった。

ATOMICの選手だからめちゃくちゃ応援してたけど、心のどっかで「あ~やっぱり」って思っちゃう自分もいた。

お前は評論家かって感じだけど、一ファンからの視点での感想でした。。
by takenyo | 2009-11-17 00:46 | 日常の話 | Comments(0)

日常に感じた事、スキーに関するブログ


by takenyo