すげぇ!!!

本日で、木島平も最後。

昨日までの2日間と違い、本日はバーンコンディションが非常に良く、気持ちの良い最終日になりましたね。

どこのスキー場のポールバーンも同様ですが、スペースに対して決められているセット数が目一杯入ると、後からセットを立てる側は隣に合わせるのが暗黙のルールです。

なので、そのポールバーンで最初に立てるセッターによっては考えているセット(インターバル、振り幅)が出来ないケースが度々あります。

俺の今日のセット順番は3番目で、隣の2レーンを見ると異常に細かい!

どちらかというと、大きく立ててしまう俺の感覚の中ではとてもとても細かく、合わせるのがやっとでした。

もちろん最初に立てたセッターを批判するわけではありませんが、どうも自分との感覚のズレが妙に違和感でしたね・・

のぶさんのスコープ(ちなみに俺も今年の中国から活用しています)で測ると、約22~24メートルぐらいだったかな?

社会人の方々も最初は速い動きについて行けずに皆苦しそうでしたが、滑り慣れて来るとしっかりスキーの反力を利用して、ターンをスムーズに繋げられていましたね。

東京UFJ銀行の皆さん、損保ジャパンの皆さん、大変お疲れ様でした!

そして、3日間ご一緒させていただいたのぶさんありがとうございました!!

また、来週よろしくお願いします。。


さて、話は変わり1月10日から第82回インターカレッジが岩手県八幡平市で行われています。
(アルペン会場は安比高原)

本当であれば、明日にでも車を飛ばして会場まで行くはずだったんだけど、15日16日とスキー外で大切な用事が出来てしまい、今回は行けないんです。

コーチする母校の東洋の後輩には悪いなと思いながら、昨日の時点で学生や監督に謝りました・・

で、本日はアルペン種目の初日1部男子GSが行われました。

中国から始まったシーズン、この学校対抗の大舞台に誰もが標準を合わせている。

学校としては年始早々の箱根完全優勝で勢いづいているし、インカレの前哨戦である学チャンでキャプテンの長沼がGSにて2日連続4位と好成績を残しているし、今年はうちの大学にとって良い年になる予感はしていた。

午後のセットの時に、吉報が飛び込んできました!

長沼敬晴(4年)が何と2位!!!!!!!!

1本目9位から、まくりにまくって全日本ナショナルチームの中大及川選手に続いての2位となったそうです。

本人からも、監督からもすぐに電話をもらったけどとても嬉しそうでしたね!(って、当たり前か・・笑)

誰もが認める努力の男で、大学4年間で華を咲かせたね。

敬晴おめでとう!
by takenyo | 2009-01-12 21:41 | スキーの話 | Comments(0)

日常に感じた事、スキーに関するブログ


by takenyo